LOG IN

ギタースタンドからの啓示

by Tomohiro OYA

昨年末に崩壊した(おおげさや)ギタースタンド。やっとNEWを購にゅう。結局以前某ローディーさんにおすすめされたTAMAちゃん。この”ど・スタンダード”なぶつは以前のモダンな”くび吊りスタイル”と比べるとデザイン的には一歩下がった感が否めないのだが、流石に1908年(明治41年)創業・星野楽器による逸品、がっしり&かっちりとした安心感がタマんない。ただこの御仁、さすがに高い。以前使っていたものの2倍以上する。見た目は地味で、価格は倍。購入を躊躇して年越し。新年3日寝起きにえいや!ポチ!!した今年最初のお買い物。いざ購入してみるとその安定感に我々の根城、STUDIO FAVREのスタンドも全てこいつ、いやこの御仁と交換したくなる。やはり信頼とクオリティーは大切である。新年早々ギタースタンドからの啓示。良い年になりそうだ。
写真ではまだ装着していないが同時に”ブラジャー”も購入。なぜ、スタンドのゴムの部分に被せる布のカバーを愛用者は”ブラジャー”と呼ぶのだろう?装着方式からすればカバーとかサックとか・・・・・ではないかな?


Tomohiro OYA
OTHER SNAPS